マカとアルギニン

マカとアルギニン

近年、世界の女性の間で"完全食"や"医療野菜"と言われ注目されている素材をご存知でしょうか?

南米ペルーにはアンデス山脈の木もはえないような過酷な環境で育ち、地中の栄養分を根こそぎ吸い上げるため非常に栄養価が高いとして知られている"マカ"という野菜があります。

このマカには炭水化物やタンパク質、繊維質などからなる植物で、特にタンパク質の構成要素であるアミノ酸が豊富に含まれ、体内では作られない各種の必須アミノ酸が多量に含まれているのが特徴です。

その中でも特に注目すべき成分はアルギニンです。

近年、このマカは若返りの食材として各メディアで取り上げられることが多くなりました。若返りのために必要なのは成長ホルモンであり、古い細胞を新しくする作用があるからです。

しかし、年齢を重ねるにつれてその量は減少し、そのことが老化の原因と言われています。

この成長ホルモンを増やすために必要なのがアルギニンなのです。

アルギニンはタンパク質を構成しているアミノ酸の一つであり、17種類のアミノ酸が含まれているマカにはこのアルギニンが豊富に含まれているのです。

豊富なアルギニンを含んでいるマカを摂取する事によって脳から分泌される成長ホルモンが肌の活性化を促してくれるというわけです。