シアリスの特性

シアリスの特性

シアリスは米国のLilly ICOS社によって2003年に発売され、
日本では2007年に厚生労働省により認可され製造・販売されたまだ新しい3番目のED治療薬です。

従来品のバイアグラやレビトラと比較して大きく異なるのがその持続力です。
一錠服用で、平均で36時間にも渡って効果を実感する事ができます。
シアリスは効き目が長い事で欧米でも人気No1のED治療薬なのです。

バイアグラやレビトラを服用すれば、確かに神がかり的な勃起力を得る事ができますが、
反面、効果に限界があります。
いずれのED治療薬も効果の持続時間がせいぜい4時間〜6時間程度なのです。

しかも、食事やアルコールを摂取すると効果が半減してしまいます。
シアリスの有効成分であるタダラフィルは食事や飲酒によっても成分濃度を維持できる効果があります。

つまり、バイアグラやレビトラを異なり、シアリスは食事や飲酒の影響をほとんど
受けないのです。

シアリスを服用すると、その持続力の長さから二度目の行為でも一度目と変わらない勃起力を
発揮してくれるとして、非常に人気が高いED治療薬です。

一瞬の勃起力ではバイアグラのほうがあると言われていますが、シアリスには
このようにそれを補ってあまりある特性があるのです。