生活習慣からのED

生活習慣からのED

勃起不全は中高年だけでなく若い男性にも起こりえるそうです。

それは毎日の生活パターンが影響を及ぼすからです。
確かに年齢を重ねるとEDになる確率は高くなるのですが、最近は歳のせいだけでなく
知らず知らずのうちにストレスをためていたり、不規則な食事などの影響も
大きいそうです。

また糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病の人はEDになるリスクはさらに
高まるそうです。

性的刺激が脳からの信号により、神経を介して陰茎に伝わると、陰茎海綿体の動脈が大きく
拡がり血液が流れ込みます。

これが正常に勃起している状態です。血管自体に動脈硬化などの障害がある場合には、
陰茎海綿体(いんけいかいめんたい)の動脈が拡がらないため、十分な量の血液が流れ込
まず、勃起が起こらない、あるいは満足な勃起が得られないという症状をもたらします。
糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病にかかると、EDになるリスクが高くなるのは
このためです。

ということは、裏をかえせば日頃の生活習慣を改善することでEDを改善することができる
ということです。

ED治療の総合サイトを見ると参考になります。
EDはあきらめる症状ではありません。日頃の不健康がたまっておこる症状なので
EDの改善=体全体の健康に繋がるのです。